プチドール「ddung トンちゃん」を大人買いしました!

今日は西松屋に行って来ました。

昨日届いたプチドール「ddung トンちゃん」がとても可愛いので
もっと沢山欲しくなったのです。

電話で問い合わせをして、在庫を確認してから行きました。
全部で12体あったのですが、全部お迎えしてしまいました。

img_4934

img_4933

ディスプレイ台もいただいてきました。
ひな壇みたいで可愛いですね。

img_4932

img_4931

しばらくは、このままでも可愛いので
このままにしておくと思います。

この度、メルマガをはじめました。
ドールやテディベアの事など、不定期ですがお得な情報を書いて行きます。

プレゼントとして、無料レポートを作成しました。
ご登録してくださった方には、もれなく配布いたします。
どこにも出していない、書き下ろしのオリジナルレポートです。

それと、私がとあるラジオ番組に出演した時の音声と
電子書籍もお付けします。
今だけの3大特典なので、お得だと思いますよ!

興味のある方は、右側のメルマガフォーム
(スマホの方は下の方)から、
メルマガのご登録をよろしくお願いしますね。



1980年代 アンナのママ エミコさん

今日は1981年に登場した、チャーミ―ツイン 
アンナとのぞみのアンナのママ エミコさんを紹介します。

チャーミ―ツイン アンナとのぞみについては
過去のこの記事を見てくださいね。 

チャーミ―ツイン アンナとのぞみ

それでは、アンナのママ エミコさんの登場です♪

IMG_4315

IMG_4316

リカちゃんのママに負けずに、若々しい印象のママですね。
可愛いだけでなく、とても奇麗です!

アンナやのぞみの家族も揃えたかったのですが
このママしかいません。

ちょっと残念ですね。
でも、ママもいまでは貴重ですよね?

この度、メルマガをはじめました。
ドールやテディベアの事など、不定期ですがお得な情報を書いて行きます。

プレゼントとして、無料レポートを作成しました。
ご登録してくださった方には、もれなく配布いたします。
どこにも出していない、書き下ろしのオリジナルレポートです。

それと、私がとあるラジオ番組に出演した時の音声もお付けします。
今だけの2大特典なので、お得だと思いますよ!

興味のある方は、右側のメルマガフォーム
(スマホの方は下の方)から、
メルマガのご登録をよろしくお願いしますね。



ダッチワイフなんて言わせない! オリエント工業さんのリアルラブドール

今朝の事ですが、私の旦那がオリエント工業さんのページを見ていました。

私もちょっと見せて貰ったのですが、本当に美人さんが増えましたね!

もしかしたらあなたは、オリエント工業さんをご存知ないかも知れないので、ウイキペディアから引用してみました。

(オリエントこうぎょう)とは、日本の東京都台東区にあるダッチワイフまたはラブドール製造会社。
創業は1977年、代表者は土屋日出夫。

概要

オリエント工業製ラブドールの例

土屋はもともと東京都台東区の上野および浅草でアダルトショップを経営していたが、当時のダッチワイフがあまりにも空気漏れが多く、女性用の性具(バイブレータ)と比べて著しく実用性が低いことから、これの根本的な改良に乗り出し、ダッチワイフ製造会社、オリエント工業の起業に至った。
その際親交のあった脳神科医から、障害者が実際の性行為を行うこともままならぬ状況におかれながらも性欲をもてあまし、また風俗嬢にも相手にされないなど非常に難儀していると言う実情を知ったことによるものである。

障害者については性処理相談や10%の障害者割引制度などで支援を行っているが、同社によればそもそも開業当時は障害者へ向けての販売しか行っておらず、通信販売時にも障害者手帳のコピーの提示を必要としていたという。
ところが高齢者なら、独身男性なら、既婚者でも単身赴任中ならと、徐々にハードルは下がっていった。

1977年創業の老舗であり、長年にわたって使用者のニーズに合わせて様々な商品を開発、販売している。
2012年現在はシリコーン製、ソフトビニール製の製品が多い。
購入は原則として通信販売であるが、東京都台東区上野と大阪府大阪市中央区南船場のショールームでは直接納品後に持ち帰ることも可能。

製品のリアルさから、ショールームへの搬入時に死体と間違われ、警察に踏み込まれたことが幾度かある。

また、不要になった際にはオリエント工業に郵送すれば「里帰り」として引き取り、処分と人形供養を行うと言ったサービスもある。

同社のラブドールのボディと頭部の原型はそれぞれ専門の造形師が担当している。
なお一般企業と同じくアルバイトも受け入れており、ボディ原型の担当者は東京藝術大学で彫刻を学んでいた際、アルバイトでラブドール制作に関わり、そのまま入社したという。

また、同社との関係は不明であるが、オリエント工業製ドールを時間貸しするレンタル業者、ラブドール風俗も存在する。
ドールが高額な事もレンタルを利用する一因ではあるが、そのサイズ・存在感を鑑み、購入後の維持出来るかを確認する意味合いからも、実際に試してから購入すると言うケースも多い。

2010年には歯学部生の訓練用としてテムザックと昭和大学歯学部が共同開発した患者ロボット『昭和花子』の軟部組織再現に技術協力するなど。
ラブドール以外の分野にも進出を始めている。

まだまだ、歴史とか色々とあるのですが、長くなるので、ここまでにさせていただきました。

元々は「ダッチワイフ」と言われていましたが、私の旦那は昔から等身大のドールの感覚で見ていたそうです。
80年代には、カタログを取り寄せて貰った事もあったそうですよ。
私も見せて貰ったのですが、本当に等身大のドールでしたね。

最近では、等身大のモデルとしてお嫁に迎える方も多いそうです。
女性の購入者も増えているとか。

女性の等身大ドールばかりでなく、亡くなった旦那さんそっくりのドールをオーダーで受注した方もいたそうです。

もし、気になりましたら、リンクから見てくださいね。
本当は写真を貼りたかったのですが、著作権違反をしたくなかったので。
ただし、念のためにご覧になれるのは18歳以上になっています。
もし、あなたが18歳未満でしたら、本当にすみません

オリエント工業

とにかく、このオリエント工業さんのラブドールの素晴らしさは、多くの方に知って貰いたいですね!
このリアルドールこそ、現代の究極のドールだと思っています。



ひな人形も立派なドールです

これまで色々な創作人形作家さんを紹介しました。
その中で、あなたがご存知だったり、お好きな作家さんはいましたか?

私が紹介したい人形作家さんはまだまだいますので、引き続き紹介しますね。

今日は安藤 桂甫さんを紹介します。

まずはウイキペディアから引用してみましょう。

安藤 桂甫(あんどう けいほ、1923年1月24日 – )は雛人形作家。桂甫作安藤人形店店主。
本名、安藤忠男。京都府生まれ。1943年、立命館大学専門部経済科卒業と同時に学徒出陣。
太刀洗陸軍飛行学校に入隊。終戦後、父・先代桂甫に師事し、人形作りの道へ。

1957年、京人形組合の理事。現・組合相談役。池坊学園教授。

安藤忠彦(あんどう ただひこ、1946年1月5日 – )は、立命館大学経済学部卒、三代目安藤桂甫。伝統工芸士。

京の雛人形の伝統を守りながら、新しい感覚の作品を生み出している。 2007年、タイプミポン国王に、また中国温家宝首相に雛人形を献上。

2009年、人形業界初の還暦雛・還暦市松を製作した。
主な受賞・表彰歴

紺綬褒章
京都府伝統産業優秀技術者表彰
京人形組合功労賞
通産大臣指定京人形伝統工芸士表彰
京都市伝統産業技術功労者表彰
京の名工展・春秋会展連続出展
現代の名工(卓越技能者)表彰(厚生労働省)
黄綬褒章

と言う事です。

ひな人形も日本では伝統のある立派な人形ですよね。

私の実家にも、母が先祖から受け継いだひな人形がありますし、私が産まれてから買って貰ったひな人形もあります。

ひなまつりだけでなく、良いひな人形はいつ見ても良いと思います。

この立派な伝統を、これからも末代に続けて行けたら良いですね。



フェアリーテールモンチッチ

先日、良く通っているリサイクルショップで、こんなモンチッチを見つけました。

fl monnchichi

はじめは、いつも見慣れているモンチッチの毛色でなかったので、偽物かな?
と思ったのですが、調べているうちに「フェアリーテールモンチッチ」と言うシリーズの子だと言う事がわかりました。

ドレスが違うのは、着替えさせられたのでしょうね。
赤ずきん、不思議の国のアリス、シンデレラと3種類いますが、そのうちのどれかなのでしょう。

老若男女、もうすでにおなじみの方も多いモンチッチです。

日本では、ぬいぐるみのカテゴリーになりますが、海外では、ドールの範疇になるそうです。

そんなモンチッチですが、タカラさんでも発売されていた事をご存知の方は、今では少ないかも知れませんね。

我が家の部屋のどこかに眠っているはずなので、もし、見つかったら紹介しますね。
大切にしすぎて、仕舞い込んでしまいました。
うちには、結構こんな子が多いのです。

【送料無料!!】フェアリーテールモンチッチ赤ずきん

【送料無料!!】フェアリーテールモンチッチ
価格:4,320円(税込、送料込)



メルマガ登録フォーム
メールアドレス*
性別
携帯メール
ドールやテディベアなどのお得な情報を掲載しています。 プロフィールはこちら
AGA 成長因子

カテゴリー

アーカイブ