おジャ魔女どれみ 魔女見習い服の作り方 その2

今日はスカートの飾り部分を説明します。

まずはオーガンジーリボンをこんな感じにカットします。

濃い色、中間色、薄い色、ともに2枚重ねで6枚ずつ用意します。

2枚合わせて縫います。
カーブがきついので、手縫いの方が良いと思います。

それを引っくり返します。
出来れば、ピンセットや鉗子などを使い、丁寧に返します。
布地が薄いので気を付けてくださいね。

表に返した飾りを上身頃に縫い付けます。

1番上は中間色を6枚
2段めは薄い色を6枚
1番下は濃い色を6枚

色のバランスに気を付けてください。
作品に忠実にしたい場合は、設定資料などを良く見てから付けてくださいね。
私も良く見ながら作りました。

見頃との寸法が合わない場合は、上の部分にタックやギャザーを入れたりすると良いでしょう。
それでも、合わない場合は、飾りの数を加減してください。

私もこのスカート部分は、一番時間をかけて丁寧に作りました。
縫い止める前に、一旦ピンで仮止めをして、全体の具合を見るのも良いかも知れませんね。

以上、今日はスカートの作り方でした。

次は帽子や手袋などの小物の作り方を説明します。



おジャ魔女どれみ 魔女見習い服の作り方 その1

今日は、このブログの読者さまからのリクエストにお応えします。

おジャ魔女どれみの魔女見習い服の作り方を紹介しますね。

用意するもの
好みの色の布地(サテン)
同系色のリボン
スカート用のオーガンジーリボン
(幅3cm以上、同系色を3色)
胸のタップ用のフェルトと丸小ビーズ
ピケ(ほつれ止め液)

まずは、身頃と帽子の型紙を用意し、布地をカットします。

両肩を縫います。
縫うのは、ミシンでも手縫いでも構いません。

首の部分にナイロンシャーを置き、縫ってから、裏に返します。

同系色のリボンを重ね、ステッチを入れます。

袖ぐりも首と同じ様にナイロンシャーを置き、縫ってから裏に返します。

オーガンジーリボンを3枚(3色)、羽根のようにカットし、カットした部分がほつれないように、ピケを塗ります。

リボンの飾りを袖ぐりに縫い付けます。

両脇を縫います。

フェルトを小さく丸くカットして、
丸小ビーズを糸に通し、タップの飾りの様にして、身頃に縫い付けます。

背中心を折り、縫います。

スカート部分は、次回解説しますね。

今回はここまでにします。

よんでいて、もし、わからない事がありましたら、コメントをお寄せくださいね。

それでは、次回をお楽しみに(*^_^*)



型紙作りはこの1冊で決まり!

こんにちは。

間が空いてしまってごめんなさい。

実は、パソコンが使えなくなってしまいました。

色々やってみて、なんとか復旧出来ましたので、

また、よろしくお願いします。

 

今日は、この型紙の教科書を紹介しますね。

 

型紙の作り方は、ヴォーグ学園の頃、教わったのですが、

この本は、とても詳しく一から型紙の作り方が紹介されています。

伸縮包帯をドールのボディに巻くなんて、

知りませんでした。

そのほかにも、色々とタメになりました。

一から型紙を作ってみたい方には、

本当におすすめの1冊です。

まだ、買ってないのですが、続編のスカート・パンツ編も買おうと思っています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

型紙の教科書 ドール服の原型・袖・襟 [ 荒木さわ子 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/6/11時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドールソーイングBOOK 型紙の教科書 -スカート・パンツー
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/6/11時点)

 



鋼の錬金術師 エドドール衣装の作り方 その4

今日はコートの作り方です。

1
型紙を用意して、赤のコットン生地を裁断します。

2
フードの中心と、両肩を縫い合わせます。

3
フードを身頃に付けて、端を折り縫います。

4
そでを付けて、そで口を折って縫います。

5
そで下、脇を縫います。

6
裾を折って縫います。

7
コートの背中にフラメルの紋章を入れて完成です。

今日はコートの作り方です。

1
型紙を用意して、赤のコットン生地を裁断します。

2
フードの中心と、両肩を縫い合わせます。

3
フードを身頃に付けて、端を折り縫います。

4
そでを付けて、そで口を折って縫います。

5
そで下、脇を縫います。

6
裾を折って縫います。

7
コートの背中にフラメルの紋章を入れて完成です。

紋章は直接描いても良いですが、私は何枚か作りたかったので、
クリアファイルに写して、カットして、ステンシルにしました。
失敗もなく綺麗に写せました。

次回は最後のベルトの作り方です。



鋼の錬金術師 エドドール衣装の作り方 その2

2回目の今日はジャケットです。

1
型紙を用意し、黒の生地にピンで留め、裁断します。
生地ですが、私は合皮を使いましたが、サテンでも良いと思います。
これは好みの問題ですが、もし、光るのが嫌なら、普通のコットン生地でも構わないと思います。

2
両肩を縫います。

3
えりを半分に折って、両はしを縫い、表に返します。

4
袖口を折って、白のふちどりテープを縫い付けます。

5
えりとそでを身頃に付けます。

6
そで下と脇を縫います。

7
裾を折って、ジャケットにふちどりテープをぐるりと付けます。
えりから付けると目立たないと思います。

8
銀色の布をリボンにするように縫い、前身頃に付けます。
私はラリッサを使いましたが、リボンを使っても良いと思います。

9
銀色の飾りにスナップを付けて完成です。



メルマガ登録フォーム
メールアドレス*
性別
携帯メール
ドールやテディベアなどのお得な情報を掲載しています。 プロフィールはこちら
AGA 成長因子

カテゴリー

アーカイブ