色紙に「一生童心」と書いた人形の吉徳の第10代当主

これまで色々な創作人形作家さんを紹介しました。
その中で、あなたがご存知だったり、お好きな作家さんはいましたか?

私が紹介したい人形作家さんはまだまだいますので、引き続き紹介しますね。

今日は山田 徳兵衛さんを紹介します。
その功績はウイキペディアから引用しますね。

山田 徳兵衛(やまだ とくべえ、1896年5月14日 – 1983年12月21日)は、日本の実業家、人形問屋吉徳の第10代当主、人形研究家、人形師。
経歴

東京に生まれ、出生名は庫吉であった。
中央商業学校(中央学院大学の前身)に学ぶ。

1923年、関東大震災で店舗を失った吉徳の再建にあたり、人形専門店への転換を進めた。
吉徳の経営者となると、東京独自の雛人形の形態を生み出し、雛人形のセット販売などで業績を伸ばした。

1927年、青い目の人形への「答礼人形」として58体の日本人形を製作してアメリカ合衆国へ贈る取り組みが行なわれた際にはこれに深く関わり、人形の企画製作にあたった。

1930年には、人形芸術運動に取り組むため、石井柏亭、笹川臨風、西沢笛畝らとともに童宝美術院を結成し、同人となる。
同年には、日本人形研究会を設立し、初代会長となった。

1938年には、日独伊防共協定の成立を記念して大日本連合女子青年団と大日本連合婦人会が、アドルフ・ヒトラー総統とベニート・ムッソリーニ首相への贈呈を企画した「やまと人形」の製作にもあった、

戦前から、戦後にかけて、長く業界を代表する人物として活動し、日本人形研究会初代会長、日本玩具および人形連盟会長、日本人形協会会長、日本ひな人形協会名誉会長、浅草法人会会長などを歴任した。

1982年には、日本経済新聞に「私の履歴書」が連載された。

俳句をたしなみ、土偶と号した。
色紙に揮毫を求められると、「一生童心」と書いた。

以上です。

人形作家だけでなく、実業家としても成功されたのですね。
人形の吉徳と言えば、ひな人形で有名な会社ですよね。
その第10代当主でもあったのです。
「一生童心」とっても素敵な言葉ですね。
私もそんな気持ちを忘れないようにしたいと思っています。

この度、メルマガをはじめました。
ドールやテディベアの事など、お得な情報を書いて行きます。
このブログ同様、商品の紹介等はしますが、しつこい売り込みはしません。
それでもよろしかったら、右側のメルマガフォームから、ご登録をよろしくお願いしますね。

吉徳人形ばなし (1980年)【中古】
価格:8618円(税込、送料別)



革の人形って、一体どういうの?

これまで色々な創作人形作家さんを紹介しました。
その中で、あなたがご存知だったり、お好きな作家さんはいましたか?

私が紹介したい人形作家さんはまだまだいますので、引き続き紹介しますね。

今日は本池 秀夫さんを紹介します。
その活躍のほどは、ウイキペディアから引用しますね。

本池 秀夫(もといけ ひでお、1951年 – )は日本の人形作家。鳥取県米子市出身。

レザーアーティスト・本池大介、作人、良太の父。

略歴

1951年 – 鳥取県西伯郡大篠津村(現米子市)に生まれた。
大篠津小学校、美保中学校、米子工業高校、日本大学文理学部体育学科に学ぶ。
1971年 – 大学在学中に『アトリエMOTO’S』を主宰。
1973年 – 渡欧。帰国後、人形作家への道を志す。
1975年 – 渋谷パルコでのノーマン・ロックウェル展に賛助出品。
1976年 – 西武デパートにて初個展を開催。
1980年 – 帰郷し『アトリエMOTO’S』を米子市大篠津町に移す。

との事です。

元々はレザーアーティストさんだったみたいですね。
そのせいか、ドールの殆どを革で制作しているそうです。
どのドールも全体的にセピア色で、ノスタルジックな風合いになっています。
独特の世界を演出していて、本当に素敵ですね。

是非、写真集や画像検索などで、ご覧になってくださいね。

この度、メルマガをはじめました。
ドールやテディベアの事など、お得な情報を書いて行きます。
このブログ同様、商品の紹介等はしますが、しつこい売り込みはしません。
それでもよろしかったら、右側のメルマガフォームから、ご登録をよろしくお願いしますね。

革の人形 [ 本池秀夫 ]
価格:4104円(税込、送料無料)



多大な影響を与えたハンス・ベルメールさんの球体関節人形

これまで色々な創作人形作家さんを紹介しました。
その中で、あなたがご存知だったり、お好きな作家さんはいましたか?

私が紹介したい人形作家さんはまだまだいますので、引き続き紹介しますね。

今日はハンス・ベルメールさんを紹介します。
その功績はウイキペディアから引用しますね。

ハンス・ベルメール(Hans Bellmer, 1902年3月13日 – 1975年2月23日)は、ドイツ出身の画家、グラフィックデザイナー、写真家、人形作家。
ドイツ帝国のカトヴィッツ(現在のポーランド領カトヴィツェ)出身。

ナチ党の政権掌握後の1930年代中頃に、等身大の創作人形を制作・発表したことで知られる。
芸術家としても超現実主義者(シュルレアリスト)に分類されるベルメールだが、ドイツの情勢を支持する仕事はしないと宣言し、ナチズムへの反対を表明した。
関節人形の制作にあたっては、人体を変形させた形態と型破りなフォルムにあらわれているように、当時ドイツで盛んだった「健全で優生なるアーリア民族」を象徴する行き過ぎた健康志向を批判したものである。
ベルメールの斬新な作品は、アンドレ・ブルトンら当時のパリのシュルレアリストには受け入れられ歓迎された。
1934年、少女の関節人形の白黒写真10枚を収めた『人形』(Die Puppe)をドイツで自費出版する。
その写真は、初めて作った人形を背景の前に置き、活人画のシリーズとして撮影したものであった。

日本においては、1965年に雑誌『新婦人』で澁澤龍彦がベルメールの球体関節人形を紹介したのが、作品が広く知られるきっかけになった。

日本でハンス・ベルメールさんの作品が紹介されると、四谷シモンさんら有名な人形作家さんが、彼の影響を多大に受けたそうです。

私もお名前位は知ってはいましたが、そういえばじっくりと作品を見た事がまだないですね。

私も写真集を購入して、鑑賞してみたいと思いました。

この度、メルマガをはじめました。
ドールやテディベアの事など、お得な情報を書いて行きます。
このブログ同様、商品の紹介等はしますが、しつこい売り込みはしません。
それでもよろしかったら、右側のメルマガフォームから、ご登録をよろしくお願いしますね。

夜想(特集『ハンス・ベルメール』)
価格:1620円(税込、送料無料)

ザ・ドール新装版 [ ハンス・ベルメール ]
価格:3240円(税込、送料無料)



人間国宝であり衣裳人形の第一人者

これまで色々な創作人形作家さんを紹介しました。
その中で、あなたがご存知だったり、お好きな作家さんはいましたか?

私が紹介したい人形作家さんはまだまだいますので、引き続き紹介しますね。

今日は平田 郷陽さんを紹介します。
その功績はウイキペディアから引用しますね。

平田 郷陽(ひらた ごうよう、1903年(明治36年)11月25日 – 1981年(昭和56年)3月23日)は、日本の人形作家。
重要無形文化財保持者(人間国宝)。で、木目込みの技法を用いた衣裳人形を多数手掛ける。
本名、恒雄。

略歴

東京生まれ。
14歳の時、人形師の初代 安本亀八の門弟であった父のもとで人形製作の修行を始め、「活人形(生き人形)」の製作技法を習得した。

1924年(大正13年)父の跡を継ぎ二代郷陽を襲名、日本人形の制作者となり端正なリアリズムをもつ人形を製作するようになる。
1927年(昭和2年)の青い目の人形の答礼人形として市松人形も製作した。
当時人形は芸術と認められていなかったため、1928年(昭和3年)から創作人形を目指す同志と白沢会を結成、1935年(昭和10)には日本人形社を起こす。
翌1936年には同士6人とともに第1回帝展に入選、以来帝展、文展、日展等で活躍する。
日本政府の依頼でベルギーやフランスでの万国博覧会に衣裳人形を出品。

1955年(昭和30)2月15日、重要無形文化財「衣裳人形」保持者に認定される。

社団法人日本工芸会理事、同人形部会長等を歴任。衣裳人形研究の陽門会を主宰するなど、後継者育成にも尽力した。
作風は、初期は生人形師らしく写実的だったが、次第に抽象的なデフォルメを加え、様式化・単純化に向かった。
反面、郷陽作品は常に確固とした存在感があり、繊細な感情表現に特色がある。

この度、メルマガをはじめました。
ドールやテディベアの事など、お得な情報を書いて行きます。
このブログ同様、商品の紹介等はしますが、しつこい売り込みはしません。
それでもよろしかったら、右側のメルマガフォームから、ご登録をよろしくお願いしますね。



中原 淳一さんに師事し、独自の世界を切り開いた内藤 ルネさん

これまで色々な創作人形作家さんを紹介しました。
その中で、あなたがご存知だったり、お好きな作家さんはいましたか?

私が紹介したい人形作家さんはまだまだいますので、引き続き紹介しますね。

今日は内藤 ルネさんを紹介します。
その功績はウイキペディアから引用しますね。

内藤 ルネ(ないとう ルネ、1932年11月20日 – 2007年10月24日)は愛知県岡崎市出身のイラストレーター、デザイナーである。
本名は内藤功(ないとう いさお)。

中原 淳一に師事し、1950年代半ばから『ジュニアそれいゆ』など少女雑誌にイラストや人形作品を発表。
童顔でファッショナブルな少女画で人気を博し口絵や付録、人形や雑貨のデザインなどで幅広く活躍したほか1971年には「ルネパンダ」を発表し一世を風靡した。

また、長年に渡り男性同性愛雑誌の『薔薇族』で表紙を描いたことでも知られる。

2012年、マスターライセンサーとして株式会社ルネ設立。
カワイイの聖地「原宿」に新たなライセンサーとしてその業務を開始。
様々なアイテムによる商品化や定期的に原画展等も行っている。

1950年代半ばの『ジュニアそれいゆ』の時代から、今日まで、その人気が衰えないのですから、本当に凄い事です。
これは、昨日紹介した中原 淳一さんにも共通して言える事なのですけどね。

その可愛らしい世界は、今見ても決して古さを感じさせないですね。
内藤 ルネさんの素晴らしい世界は、これからも多くの人たちに愛されることでしょう。

この度、メルマガをはじめました。
ドールやテディベアの事など、お得な情報を書いて行きます。
このブログ同様、商品の紹介等はしますが、しつこい売り込みはしません。
それでもよろしかったら、右側のメルマガフォームから、ご登録をよろしくお願いしますね。

内藤ルネドール シンデレラ
価格:3218円(税込、送料別)

ルネパンダ マスコット
価格:1008円(税込、送料別)

黒猫のボン マスコット
価格:1008円(税込、送料別)

ルネパンダ プラッシュ
価格:3024円(税込、送料別)



メルマガ登録フォーム
メールアドレス*
性別
携帯メール
ドールやテディベアなどのお得な情報を掲載しています。 プロフィールはこちら
AGA 成長因子

カテゴリー

アーカイブ