大人気だった「吸血姫美夕」ドール

今日は、「吸血姫美夕」ドールを紹介します。

その前に「吸血姫美夕」はどんな作品だったかを
ウイキペディアから引用しますね。

『吸血姫美夕』(ヴァンパイア ミユ)は、
1988年から1989年にかけて発売されたOVA。
および、それを原作としてメディアミックス展開していった作品。

概要

闇の世界から人間世界へはみ出したはぐれ神魔と、
それを狩ることを宿命とする主人公・美夕
との戦いを描いた作品である。
1988年から1989年にかけてOVA全4巻が発売され、
並行して垣野内成美による漫画版が連載された。

本作に登場する「吸血姫」(「ヴァンパイア」とルビが打たれる)
のイメージはゴシックホラーに出てくるような欧米の吸血鬼を
モチーフにしているが、そこに和テイストを組み込むことで、
従来の吸血鬼ものとは大きく異なる独特の美観を作り上げている。
この独自の世界が美しい作画と幻想的なストーリーによって支えられ、
女子中高生に人気を呼んだ。1997年にはテレビアニメ化されている。

設定

OVA版・漫画版・テレビアニメ版では、それぞれ設定が微妙に異なる。
OVA版は平野俊弘(現・平野俊貴)、垣野内成美、森木靖泰、会川昇(現・會川昇)
らの主要メンバーの合作であったが、コミック版やテレビアニメ版は平野(垣野内)
の夫妻単独の作品であるため、耽美な世界観を追求したOVA版とエンターテインメント性を
追求したテレビアニメ版では全く世界設定が異なり、
どちらの世界を好むかでファンによって好き嫌いが分かれる形となった。

OVA版では美夕はより小悪魔的に描かれ、美少年を誘惑しようとする場面もあり、
少女の外見と相反する妖女的な魅力を持った存在として演出されている。
なお、ラヴァはOVA版では話すことが出来ないという設定になっている。

あらすじ

第1話から第3話までは京都を舞台に、次々と起こる奇怪な事件に遭遇した
霊媒師・瀬一三子の目を通して、事件を引き起こす神魔たちとそれを狩るために出現する
不思議な少女・美夕の戦いを描き、第4話では鎌倉を舞台に、
美夕が吸血姫として目覚めるまでが描かれている。

とここまで引用しました。

私もアニメは大好きで、全部観ていました。

では、ドールを紹介しますね。

髪の毛はドールヘアーではないので、
厳密には、フィギュアかも知れません。
でも、布のお洋服を着ているので、ドールに入れても良いと思っています。

今でも大切にしています。

——————————

少しずつですが、メルマガの購読者さまが増えています。
本当にありがとうございます。

ドールやテディベアの事など、不定期ですがお得な情報を書いています。

プレゼントとして、無料レポートを作成しました。
ご登録してくださった方には、もれなく配布いたします。
どこにも出していない、書き下ろしのオリジナルレポートです。

それと、私がとあるラジオ番組に出演した時の音声と
電子書籍もお付けします。
今だけの3大特典なので、お得だと思いますよ!

興味のある方は下のメルマガフォームから
メルマガのご登録をよろしくお願いしますね。


メルマガ登録フォーム
メールアドレス*
性別
携帯メール




メルマガ登録フォーム
メールアドレス*
性別
携帯メール
ドールやテディベアなどのお得な情報を掲載しています。 プロフィールはこちら

カテゴリー

アーカイブ