風景と溶け合う創作人形

これまで色々な創作人形作家さんを紹介しました。
その中で、あなたがご存知だったり、お好きな作家さんはいましたか?

私が紹介したい人形作家さんはまだまだいますので、引き続き紹介しますね。

今日は石塚 公昭さんを紹介します。

いつものようにウイキペディアから引用しますね。

石塚 公昭(いしづか きみあき、1957年2月6日 – )は、日本の人形作家、写真家。

プロフィール

1957年 – 東京に生れる。
1977年 – 東京クラフトデザイン研究所陶磁器科を卒業。
1977~79年 – 岐阜県瑞浪市、茨城県高萩市にて製陶業に従事。
1980年 – 人形制作を開始。
1982~84年 – 初めての個展『ブルースする人形展』を開催。
1991年 – 廃れた写真の古典技法、オイルプリントの制作開始。
1996年 – 人形の写真撮影を開始。
1996年 – 作家・文士シリーズの制作開始。
2005年 – 初めての作品集『乱歩 夜の夢こそまこと』(パロル舎刊)を出版。
2007年 – 2作目の作品集『Object Glass 12』(風濤社刊)を出版。

現在、都営地下鉄のフリーペーパー中央公論Adagio(東京都交通局)の表紙を担当
人形について

1980年に最初のシリーズである黒人ジャズ・ブルースミュージシャンの人形制作を開始。
ブラインド・レモン・ジェファーソン、マイルス・デイヴィス、ロバート・ジョンソン、リー・モーガン、チャーリー・パーカー、トミー・ジョンソン、ジョン・コルトレーン、
カウント・ベイシー、セロニアス・モンク、ウェス・モンゴメリー、バド・パウエルなどを制作した。ミュージシャンではないが、マルコムXの人形も制作している。

1996年より第2シリーズである日本人作家の人形制作を開始。
最初に制作したのは澁澤龍彦である。その後、永井荷風、稲垣足穂、寺山修司、谷崎潤一郎、泉鏡花、村山槐多、江戸川乱歩 、夢野久作、中井英夫、三島由紀夫と、
幻想文学作家を中心に制作。江戸川乱歩に関しては2005年に『乱歩 夜の夢こそまこと』(パロル舎刊)という、乱歩作品を独自の世界感で再構築した写真集を出版した。

また第2シリーズを制作中に、ジャン・コクトー、セルゲイ・ディアギレフ、ヴァーツラフ・ニジンスキーを制作。
この人形たちは、作家シリーズ後に始まる予定の、1920年代のヨーロッパで一世を風靡したバレエ・リュス・シリーズへとつながることになる。

写真について

石塚は、制作した人形を実景の中に置いたり、実際の人物を配して撮影している。それは単なる肖像写真ではない。
殊に作家シリーズにおいては、作家が自身の作品世界の中に存在するという、ある種の“入れ子”的構造を有している。
写真という媒体を通すことによって人形のリアルさは増すが、逆に現実には在り得ない世界が創造されるのである。
また石塚は、オイルプリントという廃れた古典技法を復活させ、銀塩写真では出すことのできない風合いのプリントを制作している。

と、言う事です。

写真家でもあった石塚 公昭さんは、色々な手法を取り入れ、人形をまた違ったイメージとしています。
それは、さながら、風景に人形が溶け合う感じだと思います。

私も、是非実物を拝見したいですね。

Object glass 12 [ 石塚公昭 ]
価格:2160円(税込、送料無料)



メルマガ登録フォーム
メールアドレス*
性別
携帯メール
ドールやテディベアなどのお得な情報を掲載しています。 プロフィールはこちら

カテゴリー

アーカイブ