与 勇輝さんの創作人形

これまで何人かの創作人形作家さんを紹介しました。
その中で、あなたがご存知だったり、お好きな作家さんはいましたか?

私が大好きな人形作家さんはまだまだいますので、引き続き紹介しますね。

今日は与 勇輝さんの創作人形を紹介します。

与 勇輝(あたえ ゆうき、1937年9月17日 – )は日本の人形作家。
神奈川県川崎市出身。両親は奄美群島に属する与路島の出身。

作風

人形創作を始めた当初より、布地に強いこだわりを持っており、そのことから、人形は全て古い木綿布を用い制作されており、
また人形の着物や小物等細部に至るまで全て、制作者自身の手で作られている。

人形の多くは、日本の原風景を思わせるようなノスタルジックな雰囲気を持ち、表情豊かな、柔らかみのある表現が特徴。

経歴

1963年 – 日本デザインスクール卒業。
1965年 – マネキン会社勤務。その傍らで独自に人形創作を始める。
1968年 – 人形作家・曽山武彦に師事。
1970年 – 川本喜八郎、辻村寿三郎等の人形作家グループ「第2回グループ“グラッブ”人形展」参加(以降、第6回まで参加)。
1971年 – 監督飯沢匡、デザイン土方重己による人形絵本「シンデレラ」、「ピノキオ」の人形制作を担当。
1991年 – パリ・ルーブル宮、装飾工芸館「世界の人形・今昔展」へ、招待出品。 
1993年 – 山梨県河口湖町立河口湖ミューズ館・与勇輝館開館。
1994年 – 人形写真集『ニングル』を倉本聰と出版。
1995年 – 河口湖町特別町民称号を受ける。
1998年 – NHK朝の連続テレビ小説『天うらら』において人形制作指導。
1999年 – 東映映画『鉄道員』の為、人形作品「雪子」制作。
2000年 – ニューヨークで初めての海外個展「The World of YUKI ATAE」を開催。
2006年 – パリ・バカラ美術館「EXPOSITION ATAE YUKI」で個展を開催。
2006年 – 銀座松屋にて「パリ・バカラ展」帰国記念展開催 2週間で175000人の動員記録を作る。
2008年
ブラジル移民100周年記念公式事業(外務省主催)サンパウロにて開催され、10日間で20万人を動員。
川崎市文化賞受賞。

以上、ウイキペディアから引用しました。

私が与 勇輝さんの事を知ったのはかなり昔です。
いつどこで知ったのかは忘れてしまいました。
展示会にも行ったので、実物も見た事もあります。
とっても素晴らしい人形たちでしたね。

本当に懐かしさを感じる温かみのある子たちでした。
これからも素晴らしい人形を作り続けて欲しいですね。

与勇輝 [ 本庄俊男 ]
価格:2700円(税込、送料無料)

書籍 中古 与 勇輝展妖精の森
価格:2200円(税込、送料別)



メルマガ登録フォーム
メールアドレス*
性別
携帯メール
ドールやテディベアなどのお得な情報を掲載しています。 プロフィールはこちら
AGA 成長因子

カテゴリー

アーカイブ